Connecting...

コラボレーション不足がもたらすもの

1年以上 前, David Sweet

W1siziisijiwmtgvmdyvmtgvmduvmduvmjkvntk4l3blegvscy1wag90by04nzi5ntuuanblzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiodawedqwmcmixv0

Click here to read in English.

「コラボレーション(連携)」は多くのリーダーにとって曖昧な言葉に聞こえますが、HRプロフェッショナルにとっては、コラボレーション開発は大きな課題です。脆弱なコラボレーションの結果は常に大打撃だからです。ビジネスニュースはこの事実を頻繁に思い出させてくれます。

例えば、ゼネラル・モーターズ社は27億ドルの費用をかけてイグニッションスイッチを開発し、それが動作不良を連発させた問題がありますよね。ゼネラル・モーターズ社は製造した約1210万台の車の不良部品交換や修理に、6億8千万ドルを費やすことになってしまったのです。それに加えて消費者からの訴訟は100億ドルを計上し、自動車価格の下落などの損害を出す結果となりました。この一連の原因として、コンサルティングレポートは欠陥を知っていながらもそれを隠蔽する企業のサイロ化に由来するとし、最終的に部署間のコラボレーション不足と結論づけました。

同じようにヘルスケア企業の多くはサイロ型の活動をし、作業過程において効率的なコミュニケーションを取れていません。あるサイロのマネージャーが別なサイロのマネージャーに何かを必要として求める場合、そのマネージャーは副社長まで自分の要望を伝え、副社長がその要望を受けて別サイロのマネージャーまで伝えにいく、といったことが行われているのです。このようなコミュニケーション携帯は、特に重大な決断を迫られている場合、判断の遅延を発生させ、ミスコミュニケーションを引き起こしてしまいます。それだけでも複雑なのに、医師は病院内の報告・連絡システムとはまた違った、独自の連絡手段をそれぞれ持っており、コミュニケーションの難易度を上げています。さらに大学医学部や医療センターにおいては、管理者が複数のマネージャーに報告し、そのマネージャーもまた報告先として複数人に情報を伝達しなければならないという複雑なマトリクス構造を作っており、一人がいくつもの役割を負ってバランスを取る必要性が出ているのです。

もう一つ例を挙げましょう。高い技術力を持つハイテク企業では、たくさんの社員が何年もかけて専門的な技術を学び、仕事に生かしてきましたが、一方でチーム間コラボレーションに関してはやや劣りがちです。彼らは他の社員と効果的な関係を築くことができず、相互に影響やアイディアを与え合うことができず、企業の中で部署を成長させることもできません。結果、チームは仕事に失敗し、プロジェクトは停止してしまいます。チーム間で連携を取らなければいけない仕事の場合などはこれと同じことが会社規模で発生し、業界でのシェアを失う可能性すら出てくるのです。

企業が成長しより複雑化するにつれ、コラボレーションは全てのリーダー、チーム、部署やビジネスユニットが必要とするコアスキルになります。場合によっては適切なコラボレーションのため組織を再編成することも重要になってくるでしょう。また、社員やマネージャーそれぞれに合わせて対応の仕方を変化させることもコラボレーションの大切な要素です。

FocusCoreはあなたがより良いコラボレーションを実現するために課題解決を助けることができます。それがたとえ社内だけでも、社外との連携でも、ぜひコラボレーション強化を考えているのであれば info@focuscoregroup.com までご連絡ください。