Connecting...

面接では会社を褒めるよりも、自分の有益性を伝えよう!

12ヶ月 前, Reili Sweet

W1siziisijiwmtgvmtavmduvmdcvmdyvntuvnzi3lzyxytdlnzjhzdaxnjqzmwe4otk2otm5mmzknte4yjm3x3muanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilci4mdb4ndawiyjdxq

面接の場で、あなたはどのようにして合格率を上げていますか?その仕事に対する熱意を伝えたり、面接を受けている企業のファンであることを伝えたり、持っているスキルを説明したり……使える手段は多くありますが、どんな面接においても、面接官を感心させる方法が一つあるのです。それが「自分の有益性」、すなわち自分を採用して会社が得られるメリットをしっかりと説明することです。

有益性を伝えるにあたって注意すべき点は二つ。一つは「単なる自慢話にならないこと」、もう一つが「面接官に伝わるように話すこと」です。この二つについて、しっかりと見ていきましょう。

自分のこと、特に自分のできることを通して、どれだけ自分を採用することが会社にとってメリットになるのかを話そうとすると、どうしても単なる自慢話になってしまう、ということが考えられます。もちろん、あなたにその意図がなくとも、話というのは話す側と聞く側の両方が存在する以上、この可能性から逃れることはできません。対策としましては、自分のできることは端的に説明する、ということが考えられます。面接官もあなたのスキルや資格に確実に興味はあります。面接の最中、「これまでの仕事の中で達成したことはなんですか?」「困難な状況に直面した際、それをどう乗り越えましたか?」などと聞いてきたら攻めるチャンスです。まず、この質問をされた時点で、面接官はあなたに結構な興味を抱いています。好感触、と言って良いでしょう。あなたが語るべきは単純に「何をどう達成したか」だけではありません。困難な状況に際して、その時点で持っていたスキルや資格、経験や知識をどのように活用し、成功へと繋げたか、です。難題に対する対応力だけでなく、持っている知識や経験とその活用法をしっかりと把握している、有能な人材であるとアピールすることができます。

こちらから説明するチャンスがないと思ったり、聞かれた時にうまく話せる自信がない人は、「自己PRをしてください」などと聞かれた場合に、このようなスキルがあります、このような経験があります、とアピールするのも手です。

もう一つ気をつけなければならないのが、面接官に伝わるように話すことです。これは特に異業種へ転職する人が注意しなければなりません。どんなに素晴らしい話を披露しても、その意味が伝わらなければ無駄になってしまいます。例えば専門用語や前の会社内での通称を使って話をしても、面接官には何のことだかわからない、ということもあるでしょう。というのも、面接官は人事部の採用担当者であったり、最終面接ならば社長や役員であったりと、あなたの専門性を完全に理解しているとは限りません。その場合、職務内容について詳細に話すよりも、自分の能力を伝えることを意識して話すと良いかもしれません。マーケティングに関して「新商品の訴求をしてもリーチが伸びなかったので、ターゲットペルソナを少し変えて、それまで意識しなかったユーザーに向けて情報発信したところ、商品のユーザーが増えた」と言うよりも、より柔らかい表現を使って「新商品が予想していたよりも売れなかったので、発想を変えて、商品の魅力を別な客層に届くようにしたところ、売れるようになった」と言い換えるのです。こうすることで専門性を弾いたのみならず、面接官に「どのような発想からどのような発想に変えたのか」「反対意見は発生しなかったのか。また、その中でどう企画を進めたのか」「どうやって別な客層に情報を届けたのか」などの質問を誘導することができるのです。面接官が確実に自分と同じ仕事をしている、という確証が持てない場合は、話が伝わる言い方、質問を引き出せる言い方を心がけてください。