Connecting...

履歴書に面接、企業研究まで!転職の事前準備記事18本

約1ヶ月 前, Reili Sweet

W1siziisijiwmtkvmdqvmtcvmdqvmdmvmzmvntcyl1njcmvlbibtag90idiwmtktmdqtmtcgyxqgmtmumdmumtkucg5nil0swyjwiiwidgh1bwiilci4mdb4ndawiyjdxq

転職するに際して、調べても色々な情報が雑多に出てきて、それを精査するだけでも一苦労ですよね。そこで今回、FocusCoreが提供する、転職に役立つ記事を16本、ピックアップさせていただきました。ぜひご一読ください!

転職準備

知ってる人は得をする、転職エージェント100%活用術

転職は一人でやるより、協力者がいた方がスムーズに行えます。転職エージェントは転職のプロフェッショナルでありながらも、あなたを転職させればインセンティブを受け取れる職業です。転職の主導権を握るためにも、どうしたら転職エージェントを活用できるのか、しっかりと知っておくことが需要です。

 

外資系企業が求める英語力

外資系企業に転職しようと思えば、避けて通れないのが「英語」です。本社との連携には、少なくともビジネスメールの読み書きレベルが必要です。一方で、「全く英語を使わない外資系」というのも存在します。どれほどの英語力が期待されているのか、こちらの記事で解説しました。

 

スムーズに仕事を辞めたいと思ったら

仕事を辞めるのは一つの選択です。その理由は様々だと思いますが、闇雲に、嫌になったから辞める、では計画性がなさすぎます。仕事は吟味するのに、転職自体が無計画では、完全に無駄になってしまうでしょう。

 

未経験の仕事に転職するためにできること

もしかしたらあなたの転職は未経験分野への転職を目指しているものかもしれません。新しい環境でゼロから技術を身につけ、磨き、キャリアを進めていくため、最初にできること・すべきことを確認しておきましょう。

 

企業研究

面接直前の企業研究、何を調べる?どう調べる?

面接に挑む前、もっと言えば履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどの書類を書く段階でも、企業研究は重要になってきます。しかし、どこをどう調べれば良いのでしょうか?この記事ではどこに注意して、どんなことを見れば良いのか、まとめました。

 

あなたにとって「良い会社」とは

会社選びは転職の大事な要素です。今より良くなるためには、あなたが何を求めているのかをしっかりと明確にしておく必要があります。この記事ではあなたが何を求めているのか、そのためには企業のどのようなところを見れば良いのか、明確にしてくれます。

 

履歴書

これで解決!英語の履歴書の基本

外資系企業への転職には、やはり英語の履歴書というのも必要です。日本の履歴書と書き方やルールが大きく違います。そこでこの記事を読み、しっかりとした履歴書を書きましょう。

 

面接

外資系への転職、面接で聞かれる50の質問Q&A

外資系企業での面接は、日本の企業の面接とは一癖も二癖も違います。そこで、この記事では外資系企業の面接でよく聞かれる質問を50個まとめました。

 

転職理由はポジティブに

面接の最中に、「なぜ転職しようと思ったのですか?」と聞かれるかと思います。これには実は、ある程度理想とされる答え方があるのをご存知ですか?履歴書にも使える「転職理由」、きちんと説明できるようにしておくべきです。

 

面接では会社を褒めるよりも、自分の有益制を伝えよう!

あなたが想像している以上に、相手企業をよいしょするのは効果が薄いです。そのような見え透いた言葉は簡単に本意を見抜かれてしまいます。それよりも「採用したい」と思わせるような内容を伝えるようにしましょう。

 

逆質問に的確に応えるには

面接ではその企業の国籍関係なく、必ず聞かれることがあります。それが「最後に何か質問はありますか?」というものです。これにきちんと答えられるかで合否が決まることもあります。対策を怠るわけにはいきません。

 

最終面接を突破するために(改訂版)

同じ「面接」でも、最終面接と一次面接とでは、その難しさと内包する意味は大きく違います。しかし対策を講じれば、最終面接も恐れるものではありません。

 

面接に行く時の服装マナー

面接にはどのような服装で行きますか? 衣服もあなたを売り込むプレゼンテーションの一つです。しっかりと整えて臨みましょう。

 

面接必勝法ーー知っておくべき6つのこと

こちらは香港支社からの和訳記事です。この6つをしっかりと行えば、面接の合格率は格段に上がります。

入社後

「最初の100日」に潜む、キャリアを崩しかねない8つの罠

転職を成功させても油断はできません。結局のところ、本当に自分がその仕事を好きになれるかは入社してからしかわかりません。失敗しないためにも、この記事に書かれた内容に注意することは損ではありません。

 

その他

ガイジンリクルーターからのアドバイス!外資系へ転職したい日本人へ

日本人だからといって、英語が苦手だからといって、外資系への転職を諦めることはしないでください。むしろ、日本人だからこそ、対策をすることでしっかりと転職を成功させることができるのです。

 

転職癖がつく前に読む記事:「仕事が長続きしない」を防ぐためには

転職するのは選択としては大いにOKです。しかし一方で、短い期間に転職を繰り返しすぎていると、それは雑多な履歴書となってしまいます。転職が多いかも、と感じるようであれば、一度少し立ち止まって考えてみるのも良いかもしれません。

 

上手な内定の断り方

転職は常に一社だけを受けていくものではありません。同時に複数社の選考を受け、時には一つ以上の内定を出されてしまうこともあります。これをどう断るか、知っておくのも大切なことです。