Banner Default Image

バイリンガルなアウトソーシング企業が人材に機会やアドバンテージを与えてくれる理由

バイリンガルなアウトソーシング企業が人材に機会やアドバンテージを与えてくれる理由

10日前 by Reili Sweet
Austin Distel G Uij0 Ysz Pig Unsplash

近年、知識やスキル、経験などを、それをしっかりと持つ企業や団体にアウトソーシング(外部委託)することは、国際的に見て普通のことになりつつあります。多くの業界で行われているアウトソーシングですが、その中でも顕著なのが経理や納税準備、それに給料計算を含む人事などの業務サポートサービスを傘下に含む分野です。

日本の企業はその中でも、経費を削減しながら生産性の要求を満たすべく日本語と英語のバイリンガルなアウトソーシングサービスに傾倒しています。ビジネス全体の競争が激化しており、成功のためには業務手順の整理が必要とされているのがその背景にあります。アウトソーシングによって、経費を削減しながら専門性の高い人材を起用し、効率と生産性を最大化することができるのです。そしてここで節約された資金は企業を成長させることに役立てることができます。

誰かの喪失は誰かの利益

アウトソーシングサービスがそれを必要としている企業にとって有益なのは見ての通りですが、サービスを提供する側もまたそこから利益を得ているのです。企業がアウトソーシングサービスに転じる原因となっているビジネス全体の競争の激化は、実のところアウトソーシングサービスを提供している企業の需要の増加でもあるからです。

例えば経営管理職の場合、新たな経営管理者を採用をしないか、今の経営管理者をリストラしその仕事を外部へと受注することで経費削減を図っています。このため、既存企業内で安定した雇用を見つけることは困難なものとなってきています。

しかしながら、しっかりと経営管理のできるバイリンガルな人材は、アウトソーシング企業とマッチングさせると高い需要を持っていることがわかります。全てはこの状況をどう見るかです。経営管理のポジションが従来通り縮小していると考える一方、企業内で必要とされていない人材でもアウトソーシング企業では大きな需要があると捉える見方もあります。内部雇用を削減し、外部委託へ転向しようとしている企業のアドバンテージはバイリンガル人材のプール拡大という意味では、それを獲得しようとするアウトソーシング企業にとっても大きな利益となるのです。

機会に扉を開くべし

ビジネス管理スキルを専門とする人は、それがマネジメント、会計、税務、アドバイザリー、人事、給与、あるいはサポートのどんな分野においても、機会の扉が大きく開いていることがわかるでしょう。バイリンガルアウトソーシング企業は特に、外資系企業が日本で事業を展開していくことでますます必要とされます。

タイ、ベトナム、シンガポール、中国をはじめとする東南アジア、それにヨーロッパやアメリカといった欧米諸国では、増大し続けるニーズを満たすため、バイリンガルなアウトソーシング企業に目を向けています。アウトソーシングサービスを提供する企業の増加は、そこで働くバイリンガル人材個人の成長の機会を増やし、サービス利用企業のさらなる成長を意味しています。

日本のバイリンガルアウトソーシング企業は、日本で企業が成長するために必要としている主要なサポートサービスを提供することで、ビジネスの抱える重要な課題を埋めることで成立しています。このような課題解決ニーズに対応できる人は、アウトソーシング企業において利益的で成長機会の豊富な採用のチャンスを見つけることでしょう。